「前にすすみたい」というあなたのために力を尽くします

京都の弁護士によるモラハラ・DV相談

離婚相談ご予約受付中 075-257‐7831
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お問合わせ
  • HOME
  • モラハラ夫と離婚するには?

モラハラ夫と離婚するには?

モラハラ夫と離婚するには…

大変なエネルギー相当な時間が必要になります。

モラハラ夫は、自分にとって都合の悪い話を避けたり妻を混乱させ、つかれさせて、自分が優位に立とうとします

夫はあの手この手であなたを言いくるめてくるでしょう。
 
言われているうちに、「私が悪かったんだ」「私が間違っていたんだ」
と思うようになってしまいます。

 《別 居》

モラハラが日常的に行われると、同居の継続が不可能になり、やむを得ず夫と別居せざるを得ないということになり得るでしょう。

別居後、夫から「反省したから戻ってきて欲しい」と言われたら…

もし、同居を再開しても、しばらく経つと、また同様にモラハラを受けるケースが非常に多いといえます。

《別居後》

調停を行うことが多いでしょう。

 

モラハラ夫は周囲に自分の良さをアピールすることに優れています
 
そのこともあり、夫が調停委員に良い印象を与える場合も多くなります。

また、やり直したいと言ってくる場合も少なくありません

また、調停委員の方がモラハラ自体を理解していない場合もあります。
 
そのような場合、調停委員が、円満の方向で、あなたを説得にかかる可能性があります。

モラハラ夫との離婚をすすめる際には、弁護士に相談するべきです

上記ような理由で、妻本人が離婚をすすめようとしても、なかなか思うようにいくものではありません。
 
また、モラハラ被害者の方の中には、「もうこれ以上、あの人と話をしたくない」と思うようになった女性の方もあるでしょう。

あなた自身が相手と直接接触をしないですむよう、夫と関係のない、信頼できる法律の専門家に相談するべきです。
 
弁護士は法律の専門家であり、交渉のプロです
 
相手に支配されない交渉術を心得ています。
 
また、モラハラ夫は肩書に弱い傾向があります。
 
モラハラのことを知っている、信頼できる弁護士に相談することをおすすめします。

まずはお電話ください!

 ImgTop3.jpg

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用
●解決事例 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ


 

 

 

 

Copyright (C) 金田総合法律事務所(京都弁護士会所属 登録番号:33770) All Rights Reserved.