「前にすすみたい」というあなたのために力を尽くします

京都の弁護士によるモラハラ・DV相談

離婚相談ご予約受付中 075-257‐7831
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お問合わせ

家庭内暴力の種類

以下、家庭内暴力の種類をあげます。
 
身体的に暴力や虐待を受けている場合には、自分でも認識しやすいと思われますが、

精神的な虐待第三者も、被害を受けている自分でさえも、気づかない場合が少なくありません
00330033.pngのサムネール画像

身体的暴力・虐待

一方的な暴力行為をいいます。

例)
水や熱湯をかける
部屋に閉じ込める
突き飛ばしたり、殴ったり、蹴ったり、押さえつける
タバコの火を押し付ける
つばを吐きかける    
 

精神的虐待

相手にストレスとなる行為を繰り返し行うことをいいます。

例)
行動を監視する
脅す
日常的にののしる
無視する
別れるなら死ぬと言う
 

性的虐待

相手の気持ちを無視して一方的に行う性的な侵害行為(性交の強要や避妊をさせない)をいいます。
 

経済的暴力

例)
酒・ギャンブル・女性に生活費をつぎ込む
買い物の決定権を与えない
生活費を渡さない
仕事をやめさせる
家のお金を持ち出す
 

社会的隔離

社会から隔離しようとする行為のことをいいます。
 
例)
電話やメールの発信者や内容をしつこく知りたがる
実家や友人から隔離する
外出を防止する
 
自分自身が家庭内暴力を受けていることに気がつかないケースもあります。

もしかしたらと感じた方は、まずはご相談ください。

家庭内暴力については下記をご覧ください


家庭内暴力について
●家庭内暴力の種類
●家庭内暴力のサイクル
●DV被害者の心理

まずはお電話ください!

 ImgTop3.jpg

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用
●解決事例 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ


 

 

 

 

Copyright (C) 金田総合法律事務所(京都弁護士会所属 登録番号:33770) All Rights Reserved.