「前にすすみたい」というあなたのために力を尽くします

京都の弁護士によるモラハラ・DV相談

離婚相談ご予約受付中 075-257‐7831
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お問合わせ

保護命令

保護命令とは

一昔前はDVという言葉を聞いても、その意味を理解している人々は少数でした。
 
しかし、現在ではDVに遭う被害者も増え、離婚問題のひとつとして認識されるようになりました。
 
DV被害は事態が進行すると生命の危険を脅かすことにもなりかねない、非常に危険な問題です。
 
そのような事態から被害者の安全を守るための制度が「保護命令」です。

保護命令とは被害者から裁判所への申立によりDV被害者の生命・身体の安全を確保するために、加害者から被害者を保護(加害者の接近禁止、住居からの退去など)する制度です。
 
裁判所から下された保護命令に違反すれば、懲役又は罰金に処する旨の規定もあります。
 

 

保護命令の種類

接近禁止命令退去命令があります。

 

被害者の申立てにより、接近禁止命令とともに面会要求禁止、無言電話や連続架電の禁止などの命令も出されます。

 

保護命令申立のポイント

①保護命令を申し立てる前に、配偶者暴力相談支援センターや警察に相談しておいた方がよいでしょう。


②申立書は夫にも送付されるため、住所を知られたくないような場合には、住民票上の住所を記載する等の対応が必要です。

 
③提出した証拠を夫は閲覧できますので、妻の避難先がわからないようにする配慮が必要です。

まずはお電話ください!

 ImgTop3.jpg

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用
●解決事例 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ


 

 

 

 

Copyright (C) 金田総合法律事務所(京都弁護士会所属 登録番号:33770) All Rights Reserved.