膣カンジダの再発によるかゆみを治す 第1類医薬品 エンペシドLクリーム 10g※セルフメディケーション税制対象商品 日本全国 送料無料 膣カンジダの再発によるかゆみを治す,kaneda-morahara.com,10g※セルフメディケーション税制対象商品,1216円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 婦人薬 , 第一類医薬品,【第1類医薬品】エンペシドLクリーム,/induction312255.html 1216円 膣カンジダの再発によるかゆみを治す 【第1類医薬品】エンペシドLクリーム 10g※セルフメディケーション税制対象商品 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 婦人薬 第一類医薬品 膣カンジダの再発によるかゆみを治す,kaneda-morahara.com,10g※セルフメディケーション税制対象商品,1216円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 婦人薬 , 第一類医薬品,【第1類医薬品】エンペシドLクリーム,/induction312255.html 1216円 膣カンジダの再発によるかゆみを治す 【第1類医薬品】エンペシドLクリーム 10g※セルフメディケーション税制対象商品 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 婦人薬 第一類医薬品 膣カンジダの再発によるかゆみを治す 第1類医薬品 エンペシドLクリーム 10g※セルフメディケーション税制対象商品 日本全国 送料無料

膣カンジダの再発によるかゆみを治す 第1類医薬品 エンペシドLクリーム 10g※セルフメディケーション税制対象商品 絶品 日本全国 送料無料

膣カンジダの再発によるかゆみを治す 【第1類医薬品】エンペシドLクリーム 10g※セルフメディケーション税制対象商品

1216円

膣カンジダの再発によるかゆみを治す 【第1類医薬品】エンペシドLクリーム 10g※セルフメディケーション税制対象商品



商品特徴
腟カンジダの再発による外陰部症状の治療薬
カンジダ菌に優れた抗真菌作用を有するイミダゾール系抗真菌成分「クロトリマゾール」を配合しています
柔らかく伸びやすいクリーム剤です
無着色でにおいもほとんどありません

使用上の注意
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)初めて発症したと思われる人。(初めて症状があらわれた場合は、他の疾病が原因の場合があり、その場合は医師の診療を受ける必要があります)
(2)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります)
(3)15歳未満又は60歳以上の人。(15歳未満の人は初めて発症した可能性が高く、また60歳以上の人は他の疾病の可能性や他の菌による複合感染の可能性があるため)
(4)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し、医師の診療を受ける必要があります)
(5)発熱、悪寒、下腹部痛、背中や肩の痛み、色のついた又は血に染まったおりもの、魚臭いおりもの、生理の停止、腟からの不規則又は異常な出血、腟又は外陰部における潰瘍、浮腫又はただれがある人。(他の疾病の可能性がありますので、医師の診療を受ける必要があります)
(6)次の診断を受けた人。
糖尿病(頻繁に本疾病を繰り返す可能性が高いので、医師の診療を受ける必要があります)
(7)本疾病を頻繁に繰り返している人。(1~2ヵ月に1回又は6ヵ月以内に2回以上腟カンジダの再発を繰り返す人は、他の疾病が潜んでいる可能性もあります)
(8)腟カンジダの再発かわからない人。(自己判断できない場合は医師の診療を受ける必要があります)
2.次の部位には使用しないでください
腟周辺(外陰)以外の部位。(本剤は外陰部以外に使用する製品ではありません)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などでアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性があります)
(3)授乳中の人。(薬の使用には慎重を期す必要があります)
2.使用後、次の症状の持続・増強又は発現がみられた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
効能 ・効果
腟カンジダの再発による、発疹を伴う外陰部のかゆみ(過去に医師の判断・治療を受けた方に限る)
ただし、腟症状(おりもの、熱感等)を伴う場合は、必ず腟剤(腟に挿入する薬)を併用すること
腟周辺の皮膚(外陰):刺激感、皮膚炎、発赤・紅斑(赤い発疹)、皮膚のただれ、小さく盛り上がった発疹、熱感、かゆみ、痛み
3.3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診療を受けてください。
なお、本剤の単独使用で効果がない場合も、自己判断で治療を行わず、医師の診療を受けてください(症状が重いか他の疾病の可能性があります)

用法・用量
成人(15歳以上60歳未満)、1日2~3回適量を患部に塗布する
ただし、3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診療を受けること
(1)外陰部症状のみの場合:本剤を使用すること
ただし、腟剤(腟に挿入する薬)を併用することが望ましい
(2)腟症状(おりもの、熱感等)を伴う場合:腟剤(腟に挿入する薬)を併用すること

成分・分量
クロトリマゾール・・・1%
添加物として、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、ミリスチン酸セチル、セトステアリルアルコール、オクチルドデカノール、ベンジルアルコールを含有します。

医薬品の保管及び取り扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります)
(4)コンドームやペッサリー等の避妊用ラテックス製品との接触を避けてください。(これらの製品が劣化・破損することがあります)
(5)使用期限を過ぎた製品は、使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

区分:第一類医薬品

お問い合わせ先
佐藤製薬株式会社 お客様相談窓口
電話 03-5412-7393

広告文責
くすりの勉強堂
TEL 0248-94-8718

■製造販売元:佐藤製薬株式会社

膣カンジダの再発によるかゆみを治す 【第1類医薬品】エンペシドLクリーム 10g※セルフメディケーション税制対象商品

横浜サトウクリニックではこのようなご相談にお答えしています。

  • ・がんの診断を受けたが、どんな治療を選択したらよいかわからない
  • ・抗がん剤治療を行っているが、新しい治療法を探している
  • ・自分の症状で治療してもらえるのかわからない
  • ・今のがん治療の他に温熱療法を併用したい

横浜サトウクリニックは創業33年、免疫療法を中心にがん治療、術後の免疫回復、免疫が低い方の体質改善を行っています。全国に協力病院がありますので、遠方の方でもお近くの協力病院で治療を受けることができます。
ご質問などがありましたらお気軽にお問合せください。

 >> お問い合わせはこちら

免疫監視療法 早わかり

【送料無料】 Br 共用 乗馬 馬ライダー Br 乗馬 馬ライダー Greenland II

いちげきウーラオスVMAX RRR s5I 037/070 状A ポケモンカード 一撃マスター詳しい資料を送ってもらう

診療時間と受付時間について

曜日 受付時間 診療時間
火~金曜日 9:00~11:30 10:00~12:30
13:30~16:30 14:00~17:30
第3土曜 9:00~11:30 10:00~12:00
・月曜日は窓口業務のみとなります。
・休診日は、第三土曜日を除く土曜日(※)、日曜日、国民の祝日および休日(年末年始・夏季休診あり)
※土曜日の診療は変更になる場合もございますのでご確認ください。
≪当クリニックは完全予約制となっております≫

お問合せ 診療案内・受診の流れ ドライバキューム極シリーズ用 の丸ブラシです 業務用 小型 ドライバキューム 極シリーズ用 丸ブラシ 【北海道・沖縄・離島配送不可】

当院の免疫療法について

私たちは細菌・真菌・寄生虫やヴィールスなどの外敵やがん細胞から身を守る免疫監視機構という防衛システムをもっています。この大切な役割を担っているのが白血球です。特に重要な細胞がマクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞と呼ばれ、わたしたちの身体に障害を与えようとする敵を見つけ、攻撃指令を出す、いわば見張り兼司令官役の細胞です。

免疫監視療法は、BRPというワクチン様物質を投与することで患者様の体内で樹状細胞などの抗原提示細胞を活性化し、がん細胞を攻撃するためのリンパ球を誘導する治療法なのです。

免疫細胞は活性化するとインターロイキンやインターフェロンといった免疫活性物質を産生します。横浜サトウクリニックでは、免疫治療の際にこの活性物質の産生量を測定することで患者様一人一人の免疫の活性度を判定しています。

温熱と免疫の相乗効果でより治療効果を高めるために、温熱療法(ハイパーサーミア)も併用しています。

 >> より詳しい治療説明はこちら

当院で測定可能な血液検査について

○アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査について

従来の「がんマーカー」では発見できない様な微小な「がん」を発見できると言われています。現在、「がん」が、発生しているかどうかがわかる血液検査です。

○CanTect がん遺伝子検査について

「発がん」に関係する遺伝子の変異を知る事で現在から将来にかけての「発がん」の可能性を判定する血液検査です。

○サイトカイン検査について

現在の自分の免疫力を知る血液検査です。

 >> より詳しい検査のご説明はこちら

ごあいさつ

医療法人社団自然会横浜サトウクリニック院長 佐藤 忍

1985年
私立杏林大学医学部卒
1997年
群馬大学大学院医科学研究科卒
1985年~1991年
東京女子医科大学第二外科勤務
1992年
高崎サトウクリニック院長就任
1994年
横浜サトウクリニック副院長就任
1995年
横浜サトウクリニック院長就任
2000年
医療法人社団自然会横浜サトウクリニック理事長就任

健常人でも毎日数千個のがん細胞が発生しているといわれます。
それにもかかわらずがんにならないのは「免疫監視機構」が働いているからです。 「免疫監視療法」は、がん患者さんや難治性免疫疾患の「免疫監視機構」の 機能低下状態を改善するため、体外より免疫刺激を加え、「免疫監視機構」の正常化をはかり抗がん活性などを誘導する療法です。

「免疫監視療法」は、細胞性免疫の研究に基づいてこれまでにいくつかの改良や工夫を加えながら今日の治療法にたどり着いていますが、もっとも大きな変化を遂げたのは、1980年代後半です。それまでは、健康な成人のリンパ球を移入する方法(免疫監視機構改善療法)を実施してきましたが、数多くの臨床を重ねる中で、症状が改善したがん患者さんの胸腹水から分離精製されたBRPを活用することで、治療効果はもちろん、安全性も格段に向上しました。
この治療を受けられているがん患者さんのほとんどが進行がんの方々ですが、放射線や抗がん剤のような耐えがたい副作用はほとんどなく、患者さんのQOL(生活の質)は大きく改善されます。
免疫監視療法の治療効果が出るまでには、少なからず時間がかかっていました。温熱療法を組み合わせることによって、効果出現の時間を短縮することも可能となります。「温熱免疫監視療法」は、末期のがんになっても、希望をもってがんと闘える治療法です。そして、身体に優しい治療法として、当クリニックのがん治療の新たな可能性を開いていくものと確信しております。